美しい海に囲まれた
リゾートと歴史の島
抜群の透明度を誇る海と島に点在するビーチ、さらにそれらを貸切感覚で楽しめるのが加計呂麻島の魅力です。この隠れ家的リゾートアイランドでは、マリンスポーツはもちろん、のんびり海を眺めたり諸鈍のデイゴ並木を歩いたりと、この島ならではのゆったりとした時間が過ごせます。一方で、第二次世界大戦の戦跡や、作家・島尾敏雄ゆかりの地もあり、戦争の歴史を今に伝えています。

~ 加計呂麻島の穏やかな風景に癒される ~

エメラルドグリーンに輝く癒しスポット
実久ビーチ
実久集落にあるパノラマビューの海岸には、サンゴ礁が数多く生息し、「実久ブルー」と呼ばれる美しいグラデーションが広がります。サンゴ石垣の集落歩きもおすすめです。
奄美大島本土を望む波穏やかな海水浴場
渡連ビーチ
海は透明度が高く、日陰や公衆シャワー・トイレもあるので海水浴に適したビーチです。夏に行われるマリンフェスタでは、ビーチバレーボールの会場にもなっています。
ガジュマルの木の下で島時間を満喫
於斎集落のガジュマル
於斉集落の浜沿いにあるガジュマル巨木は映画「男はつらいよ」のロケ地に使われた人気の観光ポイント。木にはターザンロープも設置してあり童心にかえって遊べます。

「町営定期船せとなみ」で渡る~請島・与路島のおすすめスポット~

木山(キャーマ)島(請島)
通称「キャーマ島」は、請島の東海上に浮かぶ無人島で、釣りやダイビングで人気のあるスポット。
ヘリポート展望台(請島)
請阿室と池地を結ぶ山道の山頂部近く、2つのヘリポートの奥にある展望所。加計呂麻島を望む景勝地。
海に抜ける道(与路島)
与路小中学校の脇を通り山手を進むと左手に紺碧の大海原が見えてきます。海へと続く一本道が絵になる風景。
  • 【住 所】
    大島郡瀬戸内町大字与路
  • 【問合せ】
    0997-72-1199
    (奄美せとうち観光協会)

~ 加計呂麻島のおすすめグルメスポット ~

島の交流館にできた絶景カフェ
かけろまカフェ
加計呂麻島展示・体験交流館に併設のカフェ。国指定重要無形文化財である「諸鈍シバヤ」をモチーフとしたクッキーや、島野菜を使った手作りベーグルサンドが人気。

加計呂麻島の隠れ家カフェ

tiki Coffee Kakeroma
海辺にある古民家を改装した落ち着いた空間のカフェ。牛乳を瞬間冷凍させて作る、ふわふわ食感のゆき氷とこだわりのエスプレッソが人気。
※来店時要確認
お食事処 もっか
西阿室集落で唯一「うなぎ」が食べられるお店。集落内だけでも、海遊びや食事・宿泊が可能で、加計呂麻島を満喫できます。
太陽の島カフェ しりたむんきゃ
薩川集落の海沿いにあるカフェ。テラス席で海を眺めながら野菜たっぷりの本格派カレーが楽しめます。
※来店時要確認

~ 加計呂麻島の島歩きを楽しむ ~

昔ながらの風景が広がる集落を歩く
薩川集落のサンゴ石垣
穏やかな入り江に面した海岸沿いにはサンゴ石垣が続き、ゆったりとした島時間が感じられます。目の前の薩川湾から吹き渡る潮風がこころを癒すのどかな集落歩きはいかがですか。
潮騒の通りを深紅に染める島の風物詩
諸鈍集落のデイゴ並木
島南部の湾に面した諸鈍の海岸には数百メートルに及ぶデイゴ並木が連なります。デイゴのトンネルは、5月下旬~6月上旬になると深紅の花を咲かせ憩いの空間をつくり出します。

~ 加計呂麻島・請島の歴史を知る ~

島に遺る戦争の記憶
安脚場戦跡公園
第二次世界大戦時、大島海峡は南方戦線へ向かう艦船の中継基地として整備されていきました。残された数多くの要塞は、平和な今も時が止まったように当時の戦争の記憶を伝えています。 ※戦跡はガイド同行を推奨
往時の繁栄を伝えるサンゴ石垣
嵩家の石垣(請島)
請島の請阿室(うけあむろ)集落にある嵩家(たかしけ)の屋敷周辺には、見事なサンゴ石垣がのこり、藩政時代に奄美でも有数の財を誇っていた嵩家の繁栄を今に伝えています。
  • 【住 所】
    大島郡瀬戸内町大字請阿室
  • 【問合せ】
    0997-72-1199(奄美せとうち観光協会)